■院 長 経 歴■

医療法人オーソネットワーク理事長
田井 規能 ( たい きよし )

Kiyoshi Tai DDS, PhD
日本矯正歯科学会認定医、日本成人矯正歯科学会認定医

海外での業績はこちらになります

 

■略 歴■

  • 1986年 岡山県立新見高等学校 卒業
  • 1992年 徳島大学歯学部 卒業
  • 1992年 岡山大学歯学部 咬合・口腔機能再建学分野 入局
  • 1997年 岡山大学歯学部 顎顔面口腔矯正学分野 入局
  • 1999年 The Tweed Course(The Charles H. Tweed Foundation, Tucson Arizona )修了
  • 2012年 岡山大学大学院  医歯薬学総合研究科 卒業

■職 歴■

  • 2002年~ たい矯正歯科開業
  • 2002年~ 医療法人オーソネットワーク理事長
  • 2009年~ アリゾナATS大学ポストグラデュエート矯正プログラム臨床准教授(非常勤)
  • 2010年~14年 韓国キョンヒー大学臨床准教授(非常勤)
  • 2010年~ アリゾナ矯正センター臨床アドバイザー(非常勤)
  • 2013年~ インターナショナル岡山歯科衛生専門学校歯科 International Dental Hygienist College(IDEHC)
  •          矯正学講師
  • 2013年~ 日本成人矯正歯科学会(Japan Association of Adult Orthodontics;JAAO)認定医研修プログラム
  •         講師

■主な受賞■

■主な講演■

  • 2003  "言語聴覚士と矯正医との関わり方", 川崎医療福祉大学
  • 2005~2007  "インターディシプリナリー・アプローチの重要性", 徳島大学歯学部
  • 2009  "Evaluation of dental and skeletal changes using cone beam CT", St. Louis University, USA.
  • 2009.02.28  "Evaluation of dental and skeletal changes by treatment of lower Schwarz appliance using cone beam CT",   University of Michigan, USA.(モイヤースシンポジウム)
  • 2009.03 “Evaluation of lower expansion treatment for Class I crowding cases utilising cone beam CT.”(アメリカ矯正歯科学会 ボストン)
  • 2009  "セルフライゲーションブラケットを使用してのマネージメントの最適化",International Self-Ligation Symposium,Tokyo, Japan. シンポジストとして依頼講演
  • 2009.11.11~12  (scheduled lecture). Postgraduate Orthodontic Program, South western University Dental School in Cebu, Philippines.
  • 2009.11.17~19,  (scheduled lecture). Postgraduate Orthodontic Program Arizona School of Dentistry & Oral Health, USA
  • 2011.09 矯正治療のトレンド 招待講演 九州歯科大学岡山県同窓会 岡山
  • 2011.11.03~04 第3回 機能的顎矯正治療を考える会 トピックスセミナー2 CBCTによる機能的顎矯正装置の治療効果の評価, CBCTとMRI像の統合による顎顔面硬軟組織の計測  シンポジストとして依頼講演。Tsurumi, Japan
  • 2012.02.28~29 中国江西省矯正歯科学会特別講演 招待講演 Clinical indices for orthodontic mini-implants
  • 2012.11.21  "Trend in orthodontics, University of Philippines, College of dentistry, Auditorium of UPCD."
  • 2012.10.25~28 The treatment efficacy of functional appliance evaluated by multimodality medical image (機能的矯正装置の治療効果のマルチモダリティによる評価)招待講演、International Functional Association (IFUNA)の第6回国際会議 岩手県、一関
  • 2012.11.09~11 核磁気共鳴画像法を用いた顎顔面骨形態の計測に関する研究, 第22回日本歯科医学会総会, インデックス大阪、大阪国際会議場
  • 2013.03.10 機能的顎矯正装置の治療効果の評価法―症例報告のすすめー 第38 回Facial Orthotropics研究会例会 中央大学駿河台記念館, 東京
  • 2013.06.09  Angle Class I とClass IIの治療について、インストラクターとして講義、第8回認定医研修プログラム フクラシア東京ステーション
  • 2013.11.13  Functional Appliances: How to Maximize its Effects, Lingual Orthodontics: Is it really challenging University of Philippines, College of dentistry, Auditorium of UPCD.
  • 2013.12.22  思春期性成長期により顎偏位を発現したIII級叢生症例 --CBCTを用い三次元的に形態変化を解析--非対称性の咬合異常, 招待講演,第4回Oral Function Mesh Collaboration(OFMeC) 郡山駅前ビッグアイ
  • 2014.03.06  海外ジャーナル症例報告の書き方:How to write a case report for international orthodontic journals. 顎・顔面・歯列の成長発育を考える9.田中歯科器械店 会議室 (飯田橋)本社ビル4階
  • 2014.03.09  外科処置の矯正との関連について、インストラクターとして講義、第13回認定医研修プログラム フクラシア東京ステーション
  • 2013 Nov 13, Functional Appliances: How to Maximize its Effects, Lingual Orthodontics: Is it really challenging? University of Philippines, College of dentistry, Auditorium of UPCD.
  • 2013.12.22 思春期性成長期により顎偏位を発現したIII級叢生症例--CBCTを用い三次元的に形態変化を解析--非対称性の咬合異常, 招待講演,第4回Oral Function Mesh Collaboration(OFMeC)郡山駅前ビッグ アイ.
  • 2014.3.6 海外ジャーナル症例報告の書き方:How to write a case report for international orthodontic journals. 顎・顔面・歯列の成長発育を考える9.田中歯科器械店 会議室 (飯田橋)本社ビル4階
  • 2014.3.9 外科処置の矯正との関連について、インストラクターとして講義、第13回認定医研修プログラム、フクラシア東京ステーション 2015年2月7日(土) 「視点を変えたら動き出す~岡山からアリゾナへ、そして世界へ~」 広島大学歯学部研究棟B 3階歯学部第4講義室にて
  • 2015 Feb 18, Learn efficient management of orthodontic cases via TADs & finishing without a doubt.University of Philippines, College of dentistry, 4th floor review room of UPCD.
■2010年以降 国内で掲載された論文■
1) 畳屋亜紀, 畳屋睦人, 田井規能. SLブラケットを検証する. 最新文献および300超症例からの考察. The Quintessence. 29(7):1570-1583. 2010.
2) 池田美和, 池田和央, 田井規能. アメリカにおける医院継承の実情. 矯正臨床ジャーナル.10月号2010.
3) 高木雅人, 田井規能, 佛坂斉祉, 谷尻豊寿, 佐藤康守, 西山明慶. Surface-Based Registrationを利用した3次元 Cone-Beam Computed Tomography Imagesの重ねあわせとその応用例 (1). 矯正臨床ジャーナル.12月号2010.
4) 池田美和, 高木雅人, 高山愛子, 佛坂斉祉, 三島克章 田井規能. Surface-Based Registrationを利用した3次元 Cone-Beam Computed Tomography Imagesの重ねあわせとその応用例 (2). 矯正臨床ジャーナル.6月号2011.
5) 田井規能, 佛坂斉祉, 谷尻豊寿. 被曝のないMRIの矯正歯科への応用~矯正歯科分野におけるマルチモダリティの可能性~The Quintessence. 12月, 2011.
6) 田井規能,金尾晃,Jae Hyun Park,飯田征二.矯正歯科におけるマルチモダリティの可能性.In:伊藤学而,中島榮一郎(編).臨床家のための矯正YEAR BOOK’12.東京:クインテッセンス出版,2012;55-59. Tai K, Kanao A, Park JH, IIDA S.[in Japanese].In:Ito G,Nakajima E(eds).Orthodontics Year Book '12.Tokyo:Quintessence Publishing,2012;55-59.
7) 田井規能, 池田和央, 金尾晃, 大村周平. 顎関節症を伴うアングルIII級叢生症例.日本成人矯正歯科学会雑誌,第19巻, 第2号, 2-7,2012. Kiyoshi Tai, Kazuhisa Ikeda, Akira Kanao, Syuhei Ohmura. A case report of Angle Class III with crowding and TMD. Journal of Japan association of Adult Orthodontics. 19(2), 2-7,2012.
8) 田井規能:磁気共鳴撮像法を用いた顎顔面骨形態の計測法に関する研究, 岡山歯学会雑誌, 31, 1-17, 2012. (Thesis)
9) 田井規能,佛坂斉祉,飯田征二.臨床家のための海外ジャーナル症例報告のすすめ.In:臨床家のための矯正YEAR BOOK’13.東京:クインテッセンス出版,2013;72-75. Tai K, Hotokezaka H, IIDA S.[in Japanese].In:Orthodontics Year Book '13.Tokyo:Quintessence Publishing,2013;72-75.
10) 三浦明日香, 田井規能. 下顎の左方偏位と上顎左側第一大臼歯の先天性欠如を伴う骨格性下顎前突症例, 日成人矯歯誌, 21(1): 23 ~28, 2014
11) 田井規能,佛坂斉祉,飯田征二.海外ジャーナル症例報告の書き方.In:臨床家のための矯正YEAR BOOK’14.東京:クインテッセンス出版,2014; 108-112. Tai K, Hotokezaka H, IIDA S.How to write a case report for international orthodontic journals[in Japanese].In:Orthodontics Year Book '14.Tokyo:Quintessence Publishing,2014. 108-112.
12) Vincent G.Kokich, David P.Mathews, 田井規能/監訳. 埋伏歯 その矯正歯科治療と外科処置, クインテッセンス出版 2015
海外での業績はこちらになります

このサイト内の写真は全て院内資料を使用しています。
Copyright (C) TAI ORTHODONITIC OFFICE All Rights Reserved.