---叢生(乱ぐい歯)症例---
かなりディスクレパンシー(顎と歯の大きさの不調和)が大きい症例ですが、歯を抜かずに矯正治療した例です。

---約1年後---

 


このサイト内の写真は全て院内資料を使用しています。
Copyright (C) TAI ORTHODONITIC OFFICE All Rights Reserved.