昨今、情報化社会となり、様々な情報に触れることのできる時代となりました。

「知る」ということは大変重要なことですが、その反面、従来の医療のような、優秀な先生一人に全てを託す治療に、不安を覚える患者様も少なくありません。

歯並びや横顔のバランスのような審美的変化を伴うことがある矯正治療などは、人それぞれの美的感覚が異なるため、複数の意見を取り入れることが重要視されます。

1.幅広い視野での診断
当院では、症例検討会や勉強会等を通して、様々な視点から、治療方針をたてるよう努力しています。
その他、矯正治療以外の歯科治療に関しても、連携している一般歯科医と相談しています。

2.チェック機構が働いている治療
当院では、治療経過に関して、各先生で意見が分かれる場合は議論を行い、今後に生かすよう、努力しています。



たい矯正歯科では、全国より日本矯正歯科学会で認定された先生方をお招きし、さらなる治療レベルの向上を目指しています。

 


このサイト内の写真は全て院内資料を使用しています。
Copyright (C) TAI ORTHODONITIC OFFICE All Rights Reserved.