わが町のスーパーマン~妹尾 泰利先生~

私の患者様、その名は妹尾泰利先生。
日頃から患者様より私が「先生」と呼ばれているのに、何故『先生』かと申しますと、妹尾泰利先生は、岡山県生まれで三重大学医学部卒業後、故郷に帰り、岡山大学整形外科に入局。2003年から、岡山県健康づくり財団に勤務する、お医者様なのです。
今は、岡山県内を健診バスで巡回し、健康診断をなさる日々です。

えー、ただのお医者様なのかと思われますが、実は妹尾先生は日本でも指折りの献血の猛者、献血のスーパーマンなのです。

初献血は「友人に勧められてなんとなく」でしたが、積り積って今までの献血回数は429回。
200mlを19回、400ml を410回、合計208.6リットルの献血をなさっているのです。

ドラム缶2本分ですよ
  体重の2,8倍ですよ

計算すると毎月1回としたら36年?
うーん、先生は1952年生まれですから、毎月1回換算で、36年間ですよ。

36年間

それだけではありません。

47都道府県の献血センター全てを制覇するほどの、献血をされています。
北は旭川から南は石垣島まで津々浦々。

なぜかと申しますと、妹尾先生の趣味のひとつに旅行がありまして、自慢の軽自動車に乗って日本中を廻っています。そして、旅先でも、献血。

献血手帳を見た看護師さんが、いつもびっくりして、顔を覗かれるそうですよ。

ということは、日本全国のどの都道府県にも、わが街のスーパーマンの血液のお世話になった人がいる、ということです。

うーん やはりスーパーマン。

長年、日頃の体力を鍛えていなければ、ドラム缶2本の献血なんて到底、無理。

若い頃は球技はなんでもござれ、インドアは囲碁と将棋だそうで、やはり若い頃に体力つけておかなければと思います。

先生によると献血は、『生きている証』と、『GPT(酒豪?失礼)測定』のためだそうです。
日頃の先生は、岡山弁まるだし(失礼)でニコニコしているのにびっくりです。

ちなみに妹尾先生の血液型はA型です。A型の皆さん妹尾先生に感謝、感謝。

先日、妹尾先生にお会いしたところ、ちょっと変な椅子に座っておられました。
何かと思い、おうかがいしたところ、「学会で見つけてきた」 「リガクチェアと言うんだ」「先生も座ってみんしゃい」、とのお言葉に甘えて座らせて頂くと、

 

椅子の座盤がグラグラして、まるで壊れた椅子のようでした。(写真はイメージです)

先生曰く、この「グラクラ」が腰痛予防や姿勢改善、メタボリック対策に最適だそうです。 
日頃の健康意識と鍛錬が、スーパーマンを保つ秘訣か、と考えさせられた今日この頃です。



リガクチェアについては、こちらにお問い合わせ下さい

このサイト内の写真は全て院内資料を使用しています。
Copyright (C) TAI ORTHODONITIC OFFICE All Rights Reserved.